感じのいい人になりたい時にやるといいこと

こんにちはー!院長の山﨑です

先日、たくさんの人に会うパーティに行って来ました

私は、仕事柄【いつも元気で明るい先生】でいる意識をしているので、

プライベートでたくさんの人に会う時にも、同じように【元気で明るくて気持ちの良い人】として印象に残るよう、ある事をして出かけます

その《ある事》とは?

①朝起きたらお風呂に入ってからだを芯から温め、寝ている間に固まっていた筋肉を柔らかくし、からだ全体を動かしやすくします

血行がよくなることで顔の浮腫も取れ、スッキリします

②顔がほぐれたところで、【あ】から順に『あーいーうーえーおー!』『かーきーくーけーこー!』と、最後の【ん】まで、思いきり口を開き表情筋をめいっぱい使って滑舌よく発声します

③今度は満面の笑顔で1分間キープ!

これを3セットくらいやって、鏡を見ながら鏡の中の自分に向かって『こんにちはー!』と言ってみる

自分がどんな顔をして人に挨拶しているか?チェックするんです

④今度は鏡の中の自分に向かって『私は元気で明るい楽しい人!みんなの人気者!』と笑顔で話しかける

自分がどういう自分でいたいのか?具体的に『私は〇〇!』と決めつけちゃうんです

もし、その日の集まりにいい出会いを求めるなら、『今日わたしにいい出会いがあります!』と言ってみる

これは本当によく効きますので、ぜひみなさんもお試しください(^ ^)

関連記事

  1. 朝起きた時から元気ない人

  2. 布団選び

  3. 天気痛がでる人にやると良いこと

  4. 痩せたい人必見!