腰痛(慢性腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰)

当院の腰痛治療は仰向けで行います。え?うつ伏せじゃないの?とよく驚かれるのですが、ツライ腰痛の原因となっている筋肉は、じつは押したり揉んだりできる範囲には無く、もっと奥の深層にあります。その痛みの原因となっている深層筋を緩めるためには、その筋肉を動かし血行を再流させることが効果的。そのため当院では、患者さまの腰を【他動的に】回旋させたり屈曲伸展動作を繰り返します。そうすることで、押す揉むでは届かなかった深層の強硬な筋肉を動かすことができ、緩めるに至るのです。どこへ行っても治らない腰痛こそ、ぜひ当院におまかせください。私たちは自信があります

施術料金
1,000円(税抜)
30分・4,600円(税抜)
 
当院では以下のことをお約束いたします。
1.徹底した原因の追求
2.他院にはない手技治療
3.鍼灸治療
4.姿勢の確認(カウンセリング)
5.ご自身で出来るストレッチの提案

1.徹底した原因の追求

腰痛が起きてしまった原因や、痛みを出している筋肉の特定、姿勢に問題はないか、日常生活のスタイルなどをお聞きして腰痛の原因と対策を徹底的に追求いたします。
単純に腰の筋肉が固いから押す、揉みほぐしていくといったことはいたしません。

まずは全体感を把握するためにはじめは優しく丁寧に施術していき、原因と場所の特定ができてから、ピンポイントでしっかり治療いたします

2.他院にはない手技治療(PCTS)

すべてとは言い切れませんが、腰痛の原因は下半身の血行不良によるものです。筋肉は血行を阻害されることにより痛みとしての信号を脳に送っています。筋肉が固いからといって押してもなかなか良くならない原因は痛みを起こしている筋肉は表層ではなく、深層にあることが多いからです。
当院で行うPCTSは、仰向けで腰の治療を行います。
腰の筋肉は、腰椎・胸椎(背骨)や肋骨から骨盤に付着しています。仰向けの状態で腰をストレッチすることで縮んで硬くなっている筋肉に血液を送り込み血行不良を改善していきます。

3.鍼灸治療

当院のPCTS治療は深部の筋肉の血流を促進させて元の良い状態に戻すことを目的として行いますが、鍼治療は直接問題となっている筋肉に鍼をすることで、痛みの原因となっている筋肉の血流をよくすることが出来ます。坐骨神経痛やヘルニアなど神経に対する圧迫が起きているときは、鍼治療はとても有効です。

4.姿勢の確認(カウンセリング)

治療後の筋肉の状態、骨盤の傾き、姿勢の変化を確認いたします。
また、仕事上の姿勢や日常生活時に気をつけた方が良いことなどを提案いたします。

5.ご自身でできるストレッチの提案

せっかく不快な思いから解放されたのなら、出来るだけ良い状態を継続したいと思いますよね。
治療によって良い状態になった体を維持していただくために、ストレッチやエクササイズをご提案いたします。
また、普段ご自身で行っているトレーニングやストレッチに対する疑問や正しい方法も合わせてご相談ください。

以上5つのアプローチで症状と向き合い、しっかりと施術をしていきます。
そして、「楽になった」「来てよかった」の声がゆらうみスタッフ全員の励みです。患者さまとのコミュニケーションはスタッフ全員の喜びです。

喜びを共有したい!このような想いで皆様のお役に立てるゆらうみでありたいと思っています。