エッセンシャルオイルを使って脳から癒します

こんにちは!院長の山崎です

ついに梅雨明け…するんでしょうか?!

そろそろ、と言われて週間天気予報にも晴れマークが付き始めました

陽当たりがずっと悪く、なかなか夏らしい日の少なかった7月ですが、梅雨が明けたら明けたでこれからどれくらいの暑さになっていくのか少々不安もありますね…(^◇^;)

さて、当院では少し前からエッセンシャルオイルの香りを取り入れた施術をしています

手のひらに一滴垂らしたオイルを両手で馴染ませてもらい、鼻から香りをすーっと吸い込んでもらいます

何のために?というと、香りを感じる嗅覚は、じつは感覚器から脳への距離が一番短いことから、一番早く情報が届きます

しかも脳の大脳辺縁系といわれる脳の深部で、人の情動、意欲、記憶、ホルモン分泌、自律神経調整をする場所に作用します

いい香りを嗅ぐことによって、瞬時にリラックスしたりリフレッシュさせることができるというわけです

当院へいらっしゃる患者さまはみなさん【お疲れ】で、【呼吸が浅く】【交感神経優位】な方ばかり

だからこそ、施術に入る前にエッセンシャルオイルの香りを嗅いでもらい、施術の効果がより高まるよう促しています

ところで。

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いをご存知ですか?

またはイギリス式アロマテラピーと、フランス式アロマテラピーの違いをご存知でしょうか?

《アロマオイル》というのは広義の芳香剤のことで、質を問いません

《エッセンシャルオイル》とは、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した貴重なオイルというものです

そして、アロマオイルにも等級があり、当院で使用しているオイルは、世界で売られているエッセンシャルオイル会社50社中、とくに優れている(不純混入物いっさい無しの天然100%)と認められた3社のうちの1社のメーカーの物を使用しています

そしてイギリス式とフランス式の違いについてですが、イギリス式は芳香のみの利用ですが、フランス式は、昔メディスンとしての役割を担っていた歴史があり、飲んだり、塗ったり、空気からの吸引という方法で行う代替医療でもあるのです

当院で使うエッセンシャルオイルは、飲むことも塗ることも出来るメディカルグレードのものを使用していますのでご安心ください

施術終わりにレモンのエッセンシャルオイルを一滴入れたお水をお出ししますのでまずは、その素晴らしい自然の香りと味をお楽しみくださいね

これからさらにエッセンシャルオイルについてのお話をちょこちょこ届けてまいりたいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね☆