新型コロナウィルスをこう見る

こんにちは!院長の山崎です

新型コロナウィルスのニュースの影響か、体調を崩されている方が増えています。

安倍総理の全国一律公立校の休校措置要請。日本中が混乱しています。

私の息子の卒園式も縮小で、謝恩会は中止になりました。

トイレットペーパーや箱ティッシュの品切れ騒動も・・・

でもどうか、この雰囲気に呑まれないで欲しいのです。

「ヤバイ」「最悪だ」「怖い」そのような言葉を使わないようにしてください。

言葉は潜在意識に刷り込まれ、やばくて最悪で怖い現実を引き寄せてしまうからです。

それよりこう考えてみるのはいかがでしょうか?

どんな【最悪な出来事】も、未来から見れば【あれがあったおかげで】になる

私はこう見ています。

毎日みんなだいたい同じ出勤時間で8時から9時台にぎゅうぎゅうな満員電車に乗ってイライラしながら出勤する時代が終わろうとしているんだな。

通勤しなくても仕事ができるようになれば、高い高層ビルに会社が入る必要が無くなる。高層ビルの建設に歯止めがかかるかもしれない。

不登校な子供をどうするか?どうしたら通ってもらえるか?という議論が無くなるかもしれない。そもそも集団行動を強制する意味ってなに?って、みんなが考えるきっかけになる。

遠隔授業もアリだなって分かれば、学校は毎日行かなくてもよくなるし、仕事量が多くてストレス過多だった教員の人たちが救われるんじゃないかな。

部活も、外部からやる気のある専門家を引っ張ってくれば、選手生命の短いアスリートたちの第二の人生の受け口になる。

そう考えると、世の中の常識が変わる大変換期なのかもしれない。

絶対悪いようにはならない。自然発生した問題には必ず意味がある。

私たちは抗えないのだから、なんとかしよう!と反発して無駄にエネルギーを使うより、流れに身を任せ、ことの顛末を静かに見守るのみだと思う。

騒がず、恐れず、きっと大丈夫。と世界を信じて、今日もいつもと変わらず笑顔で自分が楽しくなることをしようじゃありませんか。

私たち人間はすごい無限の能力を持っているんです。

人は案外弱い生き物・・・という言葉を信じる?

いいえ。人は意外と強い。そう信じて!楽しいエネルギーが高まれば、免疫だって上がるんです。

密室に閉じこもってじっとしてると病気になりますよ!

こんな時だからこそ動きましょう!エネルギーを高めるには動くのが一番です。

根津神社に一日の挨拶〜

関連記事

  1. アドラー心理学って何?

  2. アドラー心理学ELM講座を終えてのご感想

  3. 自分のご機嫌をとるには?

  4. 満月の日は出す!

  5. 最近響いたことば

  6. 子どものグズグズにイライラした時は…