朝起きた時から元気ない人

こんにちは!院長の山崎です

昨日から梅雨入りしましたね

この時期はとにかく

だるい!

低気圧の影響で、身体が浮腫むから重い

冷房で自律神経が混乱して疲れやすい

でもそれだけじゃないんです

朝起きた時から身体がキツイ、しんどいのは

---------------

夜安らかに眠れていないから

---------------

睡眠本来の目的を果たせていないんです!

睡眠本来の目的とは…

《前日の疲れを全てリセットすること》

だけどこのフツーできて当たり前のこの睡眠が上手にできない人が増えています

睡眠でまず一番大事なのは、なんといっても

寝返り

あっち向いたり、こっち向いたり、時にはうつ伏せになって寝てみたりすることで、

寝ている間も絶え間なく血液が巡るんです

だから

じーっと同じ姿勢で寝ている人は、血行不良で代謝が悪くなります

要は疲れが取れない、ということです

じゃあどうやって寝返ればいいのさ!ということですが

寝る直前、目を閉じてウトウトしているときに

『私は一晩じゅう自由に動き、ぐっすり眠ることができます。そして翌朝スッキリ目覚めます』

と宣言して眠るんです

意識が朦朧としているときの方が、脳の無意識にオーダーが届きやすいからです

あと、

朝起きた時から頭が痛い人

この方々はおそらく

-----------------

歯を食いしばって寝ています

-----------------

日中のストレス、将来への不安、咬合不良、酷い首肩コリ

原因は様々です

その原因を探ったところで解決はしません

上記にあげた原因はどれもすぐ解決できるような問題ではないからです

じゃあどうするのか?というと、これも夜寝る前のウトウトしてきたときにこう呟くのです

『私はこれから全身のチカラが抜け、安らかに穏やかに眠ることができます。

そうして翌朝、とてもスッキリした気分で目を覚まします』

おまじない、みたいでしょ?

でもこれが効くんですよ

セリフのコツは

●〜しないという否定形を使わない

●〜します。〜になります。という肯定形を使う

睡眠は無意識ですから、

その無意識に働きかけるやり方です

どうぞお試しください

関連記事

  1. 感じのいい人になりたい時にやるといいこと

  2. 自分のご機嫌をとるには?

  3. 子どものグズグズにイライラした時は…

  4. 布団選び

  5. 痩せたい人必見!

  6. 天気痛がでる人にやると良いこと